かしのたかひと 樫野孝人 一人ひとりの志が神戸を創る

ホーム掲載情報かしの通信112号

かしの通信112号
子曰。君子周而不比。小人比而不周。

2015年8月17日

―――――――――――――――――――― Kashino News ――――

かしの通信112号
第2期 神戸義塾スタート!

                  兵庫県議会議員     
                  神戸志民党 党首 樫野孝人

―――――――――――――――――――――――――――――――

いつもご支援ありがとうございます。

本会議での一般質問の出番は来年2月と まだまだ先ですが、常任委員会では既にバンバン発言しています。

今回は農林水産業の目標設定について。
兵庫県の農業産業規模は1476億円 (主な内訳は米440億円、野菜402億円、 畜産506億円)。これをどのように成長させるのかで戦略は全く違ってきます。

当局とのやり取りを是非ご覧ください!
http://clk.nxlk.jp/CdzU6ocn
(56分ごろ、樫野は登場します)

………………………………………………………………………………

「第2期 神戸義塾のお知らせ」

元三重県知事でテレビでもおなじみの北川正恭氏 (早稲田大学名誉教授)をお招きし、「地方創生時代の議会の役割」と題して講演いただきます。歯に衣きせぬトークと、行政改革の旗手として示唆に富むお話をしていただきます。
どなたでもお気軽にご参加ください。

【日時】 8/22 土曜日 18:00〜20:00(開場17:30)
【会場】 神戸市勤労会館(JR三ノ宮駅より徒歩4分)
【参加費】 1000円(学生500円)
【主催】一般社団法人KRP総研、樫野孝人(兵庫県議会議員)

【参加方法】
info@krp-ri.org宛に
,名前▲瓠璽襯▲疋譽広住所を書いてお申し込みください。

【講師】
北川正恭氏
1944年生まれ。早大第一商学部卒。1972年三重県議会議員当選(3期連続)、
1983年衆議院当選(4期連続)。1995年三重県知事当選(2期連続)。
「生活者起点」を掲げ、ゼロベースで事業を評価し、改革を進める
「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の騎手として活動。
目標達成、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言。
2003年4月、知事退任。
現在、早稲田大学名誉教授、同マニフェスト研究所顧問。
「新しい日本をつくる国民会議」共同代表。
2009年地域主権戦略会議構成員。 2011年より相馬市復興会議顧問。
2013年より長野県政策研究所チーフアドバイザー、新潟州構想検討推進会議顧問。
著書に「マニフェスト革命」など多数。

どうぞよろしくお願いいたします。

………………………………………………………………………………

【編集後記】

議員生活も6月から早2ヶ月。
一年間のスケジュールが初体験ゆえわからず、バタバタしています。
今は9月に当局にプレゼンテーションする重要政策提言の作成で大忙し。
この後、来年度の予算要求も控えており、一人会派は自分で作成するしかなく、結構大変です(汗)。 お手伝いいただける方、お知恵を貸してください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたのサイトにかしのたかひとのバナーを貼って応援してください!